HOMEトピックス一覧 | 記事

県議選候補者公募へ~幅広く人材発掘し、政治を生活者の手に~

2015.4.20

生活の党岩手県連の佐々木順一幹事長は20日、盛岡市の県連事務所で記者会見を開き、8月28日告示、9月6日投開票の岩手県議会議員選挙において、候補者公募を行うことを明らかにしました。

 会見で佐々木幹事長は公募を行う理由について、統一地方選で無投票の選挙区が多かったことに触れながら、現状は選択肢のない「民主主義的に危機的な状況」とし、「国政与党のやり方に不満を持つ保守層を含め、その選択肢を生活の党として示したい。組織として拾いきれない声を、公募の形で拾うことで、幅広い意見を政治に反映していきたい」と述べました。

 公募対象選挙区は県内の全選挙区とし、日本国籍を持つ25歳以上で選挙権と被選挙権を有し、現在、他党および他の政治団体の候補者募集に応募していないことを公募資格としました。
 小論文などを岩手県連まで提出し、数次の選考を経て候補として決定することとしました。公募締め切りは5月20日。

 なお詳細及び、募集要項・指定書式については、右の要項欄をご覧ください。

自由党党本部
岩手県庁
岩手県議会