代表質問 佐々木順一県議登壇

2016.2.25

県議会二月定例会は25日代表質問が行われ、生活の党県連幹事長の佐々木順一県議(花巻選挙区)が「改革岩手」会派を代表し質問に立ちました。

佐々木順一県議は、県の中期財政見通しについて質問。達増知事は今後も社会保障関係費などの増加により厳しい財政状況が続くと見込まれ、国策定の骨太の方針などを踏まえ、平成28年度に新たな中期財政見通しを策定したい旨の考えを示しました。


【代表質問項目】
1 さきの知事選挙の結果について
2 新有権者に対する主権者教育のあり方等について
3 地方分権改革の現状認識と今後の進め方等について
4 平成28年度当初予算案について
5 震災復興について
6 地域医療基本法(仮称)の制定について
7 ILC計画と世界ジオパーク認定取得について
8 TTP問題について
9 いわて国体・全国障がい者スポーツ大会について

自由党党本部
岩手県庁
岩手県議会