一般質問 阿部盛重県議登壇

2015.12.8

県議会12月定例会は8日、一般質問に「改革岩手」会派で生活の党岩手県連所属の阿部盛重県議(盛岡選挙区)が初当選以来はじめての質問に立ちました。

阿部盛重県議は、東日本大震災津波からの復旧・復興についての取組について質問。 達増拓也知事は市町村、県、国の連携を密にしながら復興が目に見えるようにし、被災者一人ひとりが抱える課題に寄り添った支援、地域に根差したコミュニティーの再生、街のにぎわいの創出などを強力に進めるとし、復興計画の最終年となる平成29年度に向け第3期復興実施計画の策定に着手し、一日も早い復興を目指して取り組むと述べました。

[一般質問の項目]
1 東日本大震災津波からの復旧・復興について 2 人口減少対策について
3 TPP協定への対応について 4 6次産業化戦略について
5 子ども・子育て支援について 6 地域医療確保対策について
7 空き家問題について 8 地方版ハローワークについて
9 岩手山の火山対策について 10 台湾との交流について
11 岩手国体の輸送・交通について
12 東京オリンピック・パラリンピック等の事前合宿誘致について
13 平泉の文化遺産の活用について

自由党党本部
岩手県庁
岩手県議会