3人が登壇  ~政策実現力発揮、成果実る質問を展開~①

2015.2.24

岩手県議会二月定例会。希望みらいフォーラムからは3人が質問に立ちました。

 代表質問には奥州選挙区選出で議会の県土整備常任委員長を務める郷右近浩議員(当選2回)が登場。国際リニアコライダーの誘致実現などに取り組んできた郷右近議員は、今回、知事の県政運営や下落する米価に対応したコメ政策などについて質問でとりあげました。

 このうち、地域医療政策では、医師確保と医療レベルの向上の観点から県立病院に先端医療機器のひとつ「ダヴィンチ」(内視鏡を利用した医療ロボット)などを導入すべきと提言。これに対し県は、2月補正予算に計上し、胆沢病院に配備する方針を示しました。
 先端医療機器の導入については、郷右近議員が25年9月の県議会で、同僚議員に先駆けて導入の必要性を訴えて検討が進められてきた経緯があり、今回1年越しで成果に結びつけました。

自由党党本部
岩手県庁
岩手県議会